スター選手加入の功罪

W杯が終わりJリーグが再開した 

再開するまでの間にヴィッセル神戸イニエスタ
サガン鳥栖フェルナンド・トーレスといったヨーロッパで結果を残してきたスター選手の加入などがあり今年のJリーグは例年と違った盛り上がりを見せている

 ポドルスキの盛り上がりはどこえやら( ̄▽ ̄;)

スター選手の加入によってJリーグ知名度、注目度はあがるがスター選手たちが結果がでないとなると次、日本にきてくれるスター選手がなかなかいなくなるのではということが懸念される

レベルの高いスター選手がくることで日本人選手がそのプレーを目の当たりにして刺激を受けリーグのレベル向上にも繋がると思う

毎年のように若手選手の海外移籍というなのスターの原石の流出は日本サッカー会にとってもイタいものである

そのかわりにヨーロッパからレベル高い選手がきてくれればいいのだが今回移籍してきたイニエスタクラスはそうそう来ない

基本的にJリーグに在籍する外国人助っ人はブラジル人か韓国人である

外国人をあてにするのもいいのだが今回W杯に出場し海外でのプレー経験の豊富な本田圭佑長友佑都長谷部誠といった選手たちがJリーグに復帰
その経験を日本サッカー会に還元することでリーグ全体の底上げに繋がるはずだ

この海外での経験を日本サッカー会に還元する選手の少なさがJリーグ全体のレベルアップがなかなか進まない要因だと思う

今回、ベスト16進出で盛り上がりを見せた日本サッカーだが経験を還元してレベルアップに一躍をかってくる選手は現れるのだろうか?